UberEats 稼ぎ方の裏ワザ~ 最速で稼げる配達員になるためには 

「UberEatsの配達を始めるかどうか悩んでいるけど、本当に稼げるの?」
「UberEats始めてみたけど思うように稼げない・・・」

皆さんも街中でUberEatsのバックを背負った配達員を、見かけた経験があるのではないでしょうか。

今回は私自身がUberEatsだけで月収50万円以上を継続的に稼いだ経験から、UberEatsの稼ぎ方のコツを伝授いたします!

配達員として活躍するみなさまの一助になれば幸いです。

UberEatsはもう稼げない?配達員の実態

「UberEatsってアルバイトの延長くらいにしか稼げないんじゃないの?」
そう思われている方も多いのではないでしょうか。
下記をご覧ください。

上記は私が一週間でUberEatsだけ稼いた金額です。(出前館の売上も含めればもっといきます)

▼都内で配達している人の一例

このようにUberEatsだけで稼いでいる人はたくさんいらっしゃいます。
※この方たちは配達員の中でも猛者レベルで凄い人たちですが・・
まったくの初心者から始めた僕でも、この記事で書いた稼ぎ方のコツを意識しながら稼働すると一週間くらいで2万円/日到達出来ました。

UberEatsの給与システム

UberEatsは完全出来高制です。頑張ったら頑張った分だけ報酬がもらえます。
配達パートナーはUberEatsと個人事業主として、週払いで報酬が支払われます。
報酬形態は以下の通りです。

  • 予定配送料(基本金額+配達調整金額)
    ▶基本金額:基準金額。配達に費やす時間や距離、件数によって算出
    ▶配達調整金額:道路混雑、待ち時間が長い、需要が高い場合など状況に応じて加算される金額
  • チップ
    注文者が送ることができる追加の報酬。配達スピードやサービスに対する感謝として送られる
  • クエスト(インセンティブ)
    主に2種類があります。
    ▶週間クエスト:「1週間で○○件配達すると○○円」といった内容で、毎週発生するクエスト。配達件数や金額は週ごとに異なることがある
    ▶雨クエスト:雨の日や悪天候時に発生するクエスト。

UberEatsで稼ぐためのコツ15選

1.お客様の住所を考慮して案件をえらぶ

UberEatsで稼ぐためには、単に所要時間や報酬だけで案件を選ぶのはやめましょう。
最終的に届けるお客様の住所を考慮して案件をえらぶことが大切です
住宅地にお届けしてしまい、近くにお店がない場合は、そこから次の案件が集まりにくい傾向があります。(お店の近くにいる配達員に優先して案件が割り当てられるため)
お客様の住所も考えて案件をえらびましょう。

2.受ける案件の基準は明確に

UberEatsでの収入は案件よって異なります。
時給1000円以下の案件から4000円以上の時給換算になる場合もあります。高単価の案件を選ぶためには、そのエリアで稼げる時給を把握することが重要です。そのエリアの基準に合わせて案件を選択し、効率的に稼働しましょう。
※個人事業主という形態のため正しくは時給ではなく時間当たりに対する報酬ですが、便宜上この記事では時給という表現を使っております

3.エリアの相場を把握

稼働するエリアによって報酬の相場は異なります。
Xなどで周辺の配達員の収入を把握して効率よく稼げるエリアを探しましょう。
都内だと山手線の内側が特におすすめです。

4.125ccバイクで配達する

自転車や50㏄の原付バイクよりも125㏄を使用することで配達時間が大幅に短縮できます。
長時間の配達も苦じゃなくなるのでおすすめです。

5.高単価が鳴るエリアからでない

長距離の案件をとってしまうと、繫華街のエリアから離れて住宅地のエリアに移動してしまうことがあります。
UberEatsの配達員は注文が鳴ったお店から近い配達員に優先して案件が割り当てられる傾向があります。
繫華街がある方まで戻ることになるとその分時間をロスしてしまいます。
なので長距離の案件の場合は次に繋がる案件かどうかも見極めましょう。

6.雨の日はボーナスタイム

雨の日は需要が増え高単価の案件が増えます。
「雨は濡れたくないし稼働するのやめたいな」
そのマインドは3流なので稼ぎたければ、雨が降ったらボーナスタイムだと思うようにしましょう。
ただし、事故だけはないように注意して配達してくださいね。

7.商品単価が高いお店の近くで待機する

高額商品を扱うお店は高単価の案件が送られてきやすいです。
高単価の案件が送られてくるお店はできれば覚えておいて、待機するときはそのお店の近くにいましょう。

8.ピークタイムを狙う

UberEatsの報酬基準は、需要と供給によって変動します。
私が都内で配達をして稼ぎやすい時間は以下の通りです。
参考にしてみてください。

・昼ピークタイム:11時~14時
・夜ピークタイム:17時~21時

ピークタイムを狙って稼働しましょう

9.他社アプリと併用する

複数の配達アプリを併用することで、収入源を増やすことができます。その中でもUberEatsと出前館は案件数が多く稼ぎやすいので必須で登録しましょう。

10.受付のあるマンションは注意

タワーマンションへの配達は時間がかかるため要注意です。
だからといってすべてを拒否するわけにはいきませんよね。
ただ防災センターという場所に受付の必要があるマンションは覚えておいてください。私も都内の某高級マンションで配達を届けるだけで30分近く時間がかかってしまったケースがありますので、気を付けましょう。

11.無駄をできるだけ省く

配達中の無駄な時間を省くことで、効率的に稼働することができます。駐車や荷物の受け渡しの時間など、一つ一つはものの数秒ですができるだけ短縮する工夫をしましょう。その積み重ねで一日数千円変わってきます。

12.待ち時間の長いお店はとらないorキャンセル

お店によって、長いと20分以上待たせられるケースもあります。
配達パートナーは成果報酬なので待っている間、報酬は発生しません。
お店から「ちょっと待ってください」と言われたら、
あとどれくらいかかるかどうか確認をして長くかかりそうであればキャンセルして次の配達に切り替えましょう。
個人的にはピークタイムで5分以上待つようであればキャンセルしてました。

13.配達エリアの地理は把握する

配達してすぐには難しいとは思いますが、地理に詳しくなると配達時間を短縮できます。待ち時間が長い信号や混雑する道は避けれるようになるとそれだけで報酬は変わってきます。

14.日曜日はかならず配達

1週間の中で日曜日が圧倒的に稼げます
私の肌感にはなりますが平日と比べると、一日5000円~10,000円ほど報酬が変わります。専業で稼働される方もできるだけ日曜日は稼働できるスケジュールを組むと良いかと思います。

15.装備をしっかり整える

稼働する時間を増やせれば報酬は増えます。できるだけ快適に長時間働けるような装備を整えましょう。質にこだわるだけでなく、まずは量をこなしましょう。

UberEatsで稼げない人の特徴3選

自己管理ができない人

UberEats配達員は好きな時間、好きなタイミングで働ける分、自分自身を管理する必要があります。
「今日はつかれたから休もう」
「やる気が出ないからもう帰ろう」
など自分の気持ちに負けてしまう人は時給をあげることは難しいでしょう。
そんな時は、
「1時間だけがんばってみる」
「1件だけ配達してみる」
小さい目標から始めてみるのが良いですよ。

目標を決めずただ配達しているだけの人

「とりあえず8時間働けたからいいだろう」
といったように、目標や効率を考えずただやみくもに配達こなす人もなかなか時給をあげることができません。
成果報酬型の仕事になるので、効率的に配達をすることが重要です。
そのためには、稼げる方法を考えながら実行しましょう。
とはいえ、まずは何事も量をこなすことからです!

情報収集をしない人

我流だけで収入を伸ばしていくことはなかなか大変なことです。
情報収集をして効率的に稼ぐヒントを見つけましょう。
おすすめはX(旧Twitter)です。稼ぎ方のヒントがたくさん落ちてます。
まずは自分と近いエリアで配達している中で稼いでいる人を見つけて、
日々の情報をチェックしていると参考になりますよ。

UberEatsで稼いだら確定申告しよう

UberEatsは個人事業主として配達業務を請け負う形になります。
なので自分自身で確定申告を申請する必あります。

副業の場合:年間の所得が20万円以上から必要になる
・専業の場合:年間の所得が48万円以上から必要になる
※1月1日~12月31日まで


ガソリン代などは経費として計上できるのでレシートなどは無くさずにとっておきましょうね。

まとめ

自分の好きな時間、好きなタイミングで自由な働き方ができるUberEats配達はとっても魅力的です。
ただその分、自分でどうやったら効率よく稼げるかどうか考えて、試行錯誤していく必要があります。誰にも簡単に始めやすいですが、その分奥が深いフードデリバリー業界。
ただ交通事故にだけは本当に気をつけてくださいね。
この記事をお読みいただきありがとうございました。

シェアする
takuをフォローする